ビットコインに2回目の交換

ビットコイン交換メモ

サイト 交換額 通算
ポイントタウン 1,000円 1,500円
合計 1,000円

ポイントタウンビットコインへ2回目の交換
前回(2/21)交換した500円は現在レートで579、10%以上の値上がり

前回記事:■ビットコインに交換完了:ポイントタウンで無料で稼ぐ

3-9-2

 



購入するタイミングが悪ければこの逆も十分あると言う事
安いタイミング で買いたいがこればっかりは相場に聞いても分からない

500円、1,000円単位での交換予定ですのである程度まとまった金額になるまではレートは気にせずにポイント交換していこうと思う。 


今日のヤフーの経済記事に丁度ビットコインの事書いてありました、以下ヤフーのコピーです。

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」(BTC)の大手取引所、マウント・ゴックスの経営破綻から1年あまりが過ぎた。最近も大手取引所がハッキング被害に遭うなど、安全面の課題が残される中、日本でも普及させようとする企業や地域の取り組みが少しずつ始まっている。

 神奈川県平塚市の飲食店9店は昨年10月、客にBTCで代金を使ってもらう実験を行った。約50人のスマートフォンにBTCを保管するための専用アプリ「ウォレット」を入れ、現金と引き換えに約2000円分を送信。店内の二次元情報コードを読み取って支払う。お好み焼き店の経営者は「利用者が増えてきたら本格的に導入したい」という。実験の実行委員長を務める、地元選出の河野太郎衆院議員は「訪れる外国人が、為替や小銭を気にせず支払えて便利」と話す。近畿大の研究室も、北九州市内の商店の協力で、近く実験を行う予定だ。

 BTCの販売大手「ビットフライヤー」(東京都)は、4万店以上のネット販売サイトの代金支払いを代行する会社と提携した。加納裕三社長は「店側にとってはクレジットカードより手数料が安いのが魅力。5年後には1万店に広げたい」と意気込む。NTTドコモも今年1月、米大手BTC企業への出資を決定。世界のウォレット数は1年で2倍以上増えて300万を超えた。

 普及の壁になっているのが、安全性への懸念。ゴックス事件後、事業者団体が設立され、取引額の上限を定めたガイドラインが作られた。だが、ゴックスから消えたBTCの行方は依然、明らかになっていない。欧州や香港でも、ハッキングなどでBTCが失われたことが発覚した。

 大手コンビニも、BTCについては「事件の区切りがつかないとニーズは広がらない」(幹部)と慎重な姿勢を崩さない。インターネットサイト「コインマップ」によると、BTCを使える店は世界に約6300あるものの、国内は約50にとどまる。ウォレット数の増加は、決済利用よりも投資目的でのBTC購入に支えられている可能性が高い。

 無料でビットコインが稼げるポイントサイトはポイントタウンだけ
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン